性病について

包茎による疑問の一つに、包茎の人は性感染症になりやすいというようにいわれていますが、果たして本当のことなのでしょうか。
包茎のペニスは亀頭が包皮に覆われているため、どうしても亀頭と包皮の間に恥垢というものが溜まりやすくなってきます。
もちろん、毎日きれいに保つ心がけは大事な話しになりますが、それでも非包茎の人と比べると包茎の人は恥垢が溜まりやすくなります。

そもそも恥垢というものは、尿や精液のカスが乾燥して固まった垢で、この恥垢の臭いは牛乳が腐ったような強いにおいを発します。
結局のところ、恥垢というものは「垢」なので、決してきれいなものではないということです。
つまり、汚いものが多く含まれています。
恥垢が原因で雑菌性の亀頭包皮炎や、ウイルス性の「性器コンジローマ」を引き起こすこともあります。
「性器コンジローマ」は、性感染症の一つで、ペニスにイボができるウィルス性の病気の一種です。
主に性行為で感染する病気になるのですが、恥垢にその原因菌が溜まってしまうことなのです。
非包茎のペニスに比べ、原因となるばい菌が溜まりやすくなるわけですから、性病になる可能性は比較的に高くなってきます。

予防法は恥垢を溜めないという他ありません。
毎日きれいに保っていれば恥垢も溜まりづらくなり、ついでに性病になる可能性も十分抑えることができます。
毎日の入浴はもちろんのこと、トイレに行った際にペニスを洗ってあげるということまでやってあげることで、包茎であっても性病は十分に防げます。


■注目サイト
どうしても包茎を治療したい方は専門クリニックのサイトを参考にしてください → 包茎専門クリニック